2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.08.09(Sun)

SWJ ペンミ開催決定!!

<SHINee WORLD J
  OFFICIAL FANCLUB EVENT 2015(仮)>


■公演日程/会場

2015年10月26日(月) パシフィコ横浜 国立大ホール
開場17:30/開演18:30

2015年10月27日(火) パシフィコ横浜 国立大ホール
1部:開場13:30/開演14:30 2部:開場17:30/開演18:30

2015年11月03日(火・祝) アクトシティ浜松 大ホール
1部:開場13:15/開演14:00 2部:開場16:45/開演17:30

2015年11月07日(土) 福岡サンパレス
1部:開場13:15/開演14:00 2部:開場16:45/開演17:30

2015年11月08日(日) グランキューブ大阪 メインホール
1部:開場13:15/開演14:00 2部:開場16:45/開演17:30



2013年2月ぶりです~~TT
お知らせのメール見た時あまりの嬉しさに職場の食堂で奇声をあげてしまいました。反省

そして落ち着いて考えるとキャパの現実が押し寄せてきた。
大雑把なキャパですが、
横浜5000席
浜松2300席
福岡2300席
大阪2700席
くらいだそうです。
複数回の掛け算をしても、ざっと3万弱とな。
結構厳しくない?

これ、1万の規模で3回やるのと訳が違ってくるんですよ。
回数が多いのは、決していいことばかりではないのです。
(複数回行ける人には、いい面ももちろんありますけどね)

というのも、例えば1万席×3回公演だと動員は3万人の計算になりますが、1万人全員が3回の公演それぞれに複数応募するとどうでしょう。
そしてそれら全員が複数当選した場合、実質入場できるのは1万人ということになります。
(ここでは譲渡とか同席とかややこしいパターンは抜きにしてますので悪しからず)

一方、3000席×10回公演だと、動員数は先ほどの例と変わらず3万人です。
しかし同じ考えで3000人が10回の公演にそれぞれ応募して複数当選したら、入場できる人数はたったの3000人。

このように、動員数は3万人なのに、「規模×公演回数」次第で実際に入場した個の人数は決して同じになりません。
よくある「“ライブに5万人”っていうけど、同じ人が何回も行ってるから実際はもっと少ないでしょww」という文句のパターンはこれを指しますね。

現実には全員がすべての公演に応募するわけはないので入場できる人はもっと多いはずですが、極論だとこういう計算になります。
つまり、「この会場、この日、この公演にしか応募できない!」という人には非常に厳しい戦いになる。

結局何が一番言いたいかっていうと、とりあえず、キャパ小さいんだよ!!!ってことです。(いきなり単純な文句www)

まあ、小さな会場で近くで彼らが見られる!のが何よりの利点でしょうか。
それにしてもキャパはともかく、開催場所はどういう基準で決まったのか非常に謎。
微妙なところ、多くない?
日本の真ん中辺の人には優しい会場設定だね。(って日本の真ん中なんだからある意味優しくなるのは必然か?)

そんなこんなを考えて、もちろん私は全部に応募出来ない立場。
でも大阪一本は、うーん……ということで、浜松も応募しようかなって考えてます。
だって行けなかったら本当に今年はもうしゃいにちゃんに会えそうにないんだもの…TT
BBAは屋根がある会場へ行きたい!←
エイネなんて死んじゃう!\(^o^)/

毎日メリミュに明け暮れている(?)身としては、ここで披露してくれないかな、なんて思います。
もしかしたらペンミまでに新曲の発売もあるかもしれませんねー^^
23:42  |  SHINee関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。