FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2010.11.12(Fri)

受信料は引き落とし

なんか久々に燃えた。

NHKの番組「クローズアップ現代」

毎週月曜から木曜、午後7時半から放送されているお馴染の番組。
来週16日(火)は「“K-POP”旋風の舞台裏 ~韓国・日本、コンテンツ戦略~(仮題)」と題したK-POPの特集ということで、早々に録画予約をしていました。(基本的にK-POP関連番組は殆ど何でも見るので)

そうしたら、なんと、詳しい内容をネットで知ってビックリ。
とある事務所で取材とは聞いていたけど、まさか例のあそこだとは思いませんでした!

以下サイトからの引用です。(リンクはこちら


今年、日本でデビューした新人のCDセールス1位から3位までを、韓国の女性グループが独占することになる見込みだ。
今、“K-POP”旋風が日本だけでなくアジア全域を席巻している。
K-POPの強さの背景には、デジタル時代に対応し、巨大企業化した芸能プロダクションと、コンテンツを家電などと並ぶ輸出産業の柱と位置づける国の戦略がある。
今回、特に人気の高い「東方神起」や「少女時代」を擁する、韓国最大の芸能プロダクションS.M.エンタテインメントの新人発掘・養成の現場に初めてテレビカメラが入った。
その中で、絶大な人気を誇り、現在活動休止中の東方神起のリーダー、ユンホの単独インタビューも決行。

デジタル時代に必須のライブパフォーマンスを徹底的に身につけるため、長期間のトレーニングを受ける練習生たちの様子を取材した。
こうして育てあげられたK-POPのアーティストたちは、ただ音楽シーンで活躍するだけではない。
他の産業と結びつき、経済をも牽引しようとしている。
一方、日本も、韓国の勢いに押される形で、音楽など文化コンテンツをビジネスに展開していこうと動き始めた。
K-POP旋風の舞台裏、そして翻って、日本のコンテンツ戦略の今後を探りたい。



まさかのSMエンタ。
てかまさかのユノ。(重要なのは何よりココ!)
こういう取材、SMは受けないイメージを(勝手に)持ってたので驚いた。

単独インタビューってすごいね。
流石NHK!
目のつけどころがすごい!
(本当に昔からNHKにはお世話になってるんですよね。民放なのに結構自由で柔軟で、おいらの好きなジャンルのツボをことごとく突いてくれるww)

新人発掘・妖精…違う違う、養成の現場ということで、もしかしたら次にデビューする卵も見られる?
そろそろSMからも出ていいと思うんです。
いい宣伝になるだろうし。

もちろん、うっかりSHINeeが映らないかな…なんて邪な思いも抱いてます。(うっかりってww)
22:16  |  東方神起関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |